ちいさいくらし

めあては旅人のように身軽に暮らす

転勤を10回経験した、元転妻が教える家探し用検索術

こんばんわ。元転勤族の妻、うさぎスナフキンです。

奥さん、そろそろ夏の辞令が出るころではないですか?

転勤って、春もあるけど、この時期に決まることもありますよね。

私のお知り合いも、旦那さんに辞令が出てしまい、家探しが大変そうです。
お知り合いに、家探し用の検索術をお伝えしたら好評だったので、
ブログに書いてみます。

お子さんがいらっしゃる方用の記事です。


1. 「地名 治安」で検索
やっぱり、まず治安が心配です。
田舎だと大抵何も出てきません。
都会だと色々出てきます。
都会になると、〇〇線沿線はいいよ、悪いよっていう傾向がありますよね。
その傾向さえ掴めればOK。
深追いしてもきりがないのでほどほどに。


2.「地名 子育て支援」で検索
区市町村によって、子育てに対する力の入れ具合が全然違います。
できれば子育て支援に積極的なところに住んだ方が。
医療費助成も地域によって対象年齢が違いますしね。


3.「地名 小児科」で検索
お子さんが小さいうちは、病気も心配です。
評判の良さそうな小児科が何軒かあるところだと良いですよね。


4.「地名 幼稚園 or 保育園 or 学校」
これはかなり気になるところ。
通う予定の園や学校の近くにお家を借りられたら一番いいです。


5.「地名 スーパー」
家の近くにスーパーがあると便利です。


不動産屋さんに出してもらった情報を見ながら、こういった感じで検索していくと、
住みたい地域が結構絞られてくるかと思います。

今はグーグルアースっていう便利なものもあるので、見当がつけやすいですね。


Google Earth

Google Earth


あと、本好きの私は、図書館が好きなので、
「地名 図書館」も調べたりします。

古い本ばっかりの古い図書館って、結構あるんですよ。
できれば、図書館が充実している地域に住みたいです。

「地名 自分の大切にしていること(習い事や趣味など)」も是非検索してみてくださいね。

転勤は大変なので、ちょっとでも参考になれば