ちいさいくらし

めあては旅人のように身軽に暮らす

雪国の1日。満員電車とどっちが辛いかな。どちらも辛い。

寒波が来ました。辺り一面雪ばかり。

雪国以外の暮らしが長かったので、雪国に住むってMでしょ、ってこっそり心の中で思っています。

どなたの参考になるか分かりませんが、雪国の1日を書いてみます。

【朝】

1.除雪車の轟音で早起き

2.家の周りの雪かき

3.車の雪落とし

4.いつもより相当早めに出勤

5.颯爽と渋滞に巻き込まれる

6.アイスリンクのような道路、デコボコした道路を
恐るおそる走る

7.ぶつかったり、田んぼに落ちている車を横目に、「明日はわが身」と心を引き締めながら走る

8.会社に到着。車のワイパーを立てた後、駐車場の
雪かきに参戦

【昼】

1.吹雪いている外を見て、同僚とうんざりする

2.これ以上雪が積りませんように、と祈る

【夜】

1.車の雪落とし

2.会社を出たら即渋滞

3.ホワイトアウト怖すぎると思いつつ、なんとか家に到着

4.車を駐車場に停める為、雪かきをする

5.ワイパーを立て、ようやく家の中へ

6.明日に備えて早く寝る

こんな感じです。
忍耐。