ちいさいくらし

めあては旅人のように身軽に暮らす

電気圧力鍋を買ったら料理上手風になった話

私の持っている調理器具は、フライパン1つと両手鍋1つです。

いつも両手鍋で味噌汁を作り、フライパンでまず1品作り、洗い、またフライパンで2品目を作ります。

そうすると、どうしても時間が無駄にかかります。けれども鍋を増やしたところで、我が家のガスコンロは2口しかないし。

何かいい方法がないかと探したところ、「電気圧力鍋」というジャンルの家電があることを知りました。

レビューを見ると、材料を入れてスイッチを押すだけなので、簡単便利、とよい声が多いのです。

そこで、買ってみたところ、本当にレビューに偽りなし!でした。

カレーなどは、最初にフライパンで軽く炒めたりする手間がかかりますが、基本的に材料を切って圧力鍋に入れ、スイッチを押すだけ。

具材がとても柔らかくなるので、切り方は雑でよし。

何より子どもたちがおいしい、おいしいと言ってくれるので、嬉しいです。

私はスイッチしか押してないのに。
フタも閉めたけど。

トータルの料理時間は、加圧1分となっている料理でも20-30分かかります。
圧力鍋って、圧力が上がるまでと、下がってフタが取れるようになるまで結構時間がかかります。

あまり時短にはなりませんが、料理のレパートリーが増え、手軽においしいものが食べられるのは、シアワセです。

もっと早く買えば良かった。

働くお母さんにぴったりだと思うのですが、私の周りでは、所持率ゼロの家電。 
高いからかなー。
   
デメリットといえば、かさばるところですかね。
5合炊きの炊飯器より大きいほどです。
置き場所は、結構取るかも。

あと、私が買ったパナソニックの圧力鍋は、デザインが昭和です。

でもおいしいからいいの。

パナソニック マイコン電気圧力なべ ノーブルシャンパン SR-P37-N

パナソニック マイコン電気圧力なべ ノーブルシャンパン SR-P37-N