ちいさいくらし

めあては旅人のように身軽に暮らす

貯金できる人は暮らしにメリハリをつけているらしい

お金について調べたところ、お金が貯まる人は、なんでもかんでも節約するのではなく、使い方にメリハリがあるようです。

そこで、私もお金の使い方にメリハリをつけるようにした結果、そんなにストレスをためずに貯金ができるようになりました。

お金をかけているところ

1.日々の食事
育ち盛りの子どものために、あんまり食費は切り詰めないようにしています。

2.旅(時々)
物より思い出。時々日常以外の経験を。

3.家賃
本当は安くしたいけれど、安心をとりました。

4.暖か肌着・靴下
肌着、靴下が暖かいものだと、幸せだし、風邪をひきにくい気がします。

5.書籍
ここをケチると思考停止を引き起こすため。

節約しているところ

1.消耗品
服、日用品含む。消えものにお金は使いません。

2.光熱費
電気をつけっぱなしにしない、とかその程度です。

3.外食費
なるべく家で食べるようにしています。その代わり、旅に出たらその土地の美味しいものを。

4.家具・家電
家具は、こたつ、食器棚、子どもの学習机セット、子どものべッド、無印良品ネットストアのパルプボードボックスです。

f:id:Jac08:20150109232029j:plain
これは、ダンボールでできているので捨てる時も環境にやさしい。

家電もシンプルな機能のものでいいので、そんなにお金をかけていません。

5.スキンケア、メイク用品
人として、認識されればそれでいい。

楽しむところは楽しみ、自分にとって大切でないところには、見栄をはらないようにしています。